· 

本州最西端毘沙ノ鼻にアサギマダラの休憩ポイントを作ろう!


2020.10.31 毘沙ノ鼻に旅した蝶


case1

10/26撮影

毘沙ノ鼻にて吉母小PTAの方が撮影しました。

 

アサギマダラの会に情報提供し、栃木県日光市でマーキングされた蝶と判明しました。

 

 

西南西へ831kmの移動

移動日数86日

 

 

マーキングされた方は、8月15日付山口新聞「アサギマダラ790キロの旅 下関⇒東京・高尾山」の際にも情報協力されたそうです。



case2

10/26撮影

毘沙ノ鼻にて同じく吉母小PTAの方

 

調査の結果、新潟県妙高市から飛来した蝶でした。

兵庫県明石市で当時小学生のお子さんと一緒にマーキング会に参加したのがきっかけで、毎年親子でマーキングを楽しんでいるそうです。 

 

新潟県妙高高原から山口県毘沙ノ鼻まで旅した蝶が、

遠く離れた同じ体験をした親子を結びました。

 

東南東へ723kmの移動

移動日数76日

 

 

 

8/11撮影妙高高原にて

(文中の明石市在住様より提供いただきました)



case3

東行庵顧問 安冨静夫さん

偶然撮影した白山から飛来したアサギマダラ。

その思いを執筆してくださいました。

 PDFファイルをご覧ください。

ダウンロード
霊峰白山と、本州最西端・毘沙ノ鼻を結ぶ “アサギマダラ”
石川県白山より飛来したアサギマダラがつないだご縁
霊峰白山と.結ぶアサギマダラ.pdf
PDFファイル 565.6 KB

石川県白山市 尾口公民館館長さん

新型コロナウイルスの影響で公民館事業がなかなかできない中、9/22に尾口公民館の敷地内でマーキング会を行ったそうです。

その時に館長さんがマーキングした1頭が、毘沙ノ鼻に飛来しました。



2020.10.28 アサギマダラ調査の裏話


アサギマダラ が渡りをする蝶であると判明したのは、全国の愛好家の皆さんのおかげです。

毎年、何百・何千頭の蝶にマーキングし、何日かかって何キロ移動した、というデータの蓄積に基づくものです。

一期一会の奇跡です。

この2週間に毘沙ノ鼻で確認できた標識蝶は、新潟県妙高高原 、長野県小諸市 、石川県白山市 、広島県三次市 、滋賀県大津市、山口県内では山陽小野田市竜王山 、周防大島・・・

この情報だけでも、各地で多くの方がアサギマダラ に関わっているのを垣間見る事ができますね。

今回ご協力いただいた、長州アサギマダラ の会代表の福村さん。

活動10年目になるそうです。

過去には、効率的にデータが取れないかと、リフレッシュパーク豊浦で人工孵化してマーキングした蝶を飛び立たせようとしたそうです。

しかし、その場で落ちてしまい飛ばない蝶が多数・・・

思い通りにはいかなかったそうです。

 

再捕獲される蝶は自然の中で生まれ、過酷な旅に耐える事ができる強い蝶なのですね。

 

「かわいい子には旅をさせろ」ですね。

 

 

マーキングする際は、土地所有者の方や周囲の方に説明して了承を得て『調査中』の腕章をして作業にあたります。

 

しかし『網を振って、捕獲して放蝶』(調査)という行為は、知らない人から見ると、

 

・何してるの?(疑)

・蝶がかわいそう(泣)(哀)

・逃げていってしまうじゃないか(怒)

 

写真を撮る人にとっては、

『ベストショットを狙って忍耐強く待っている状況』だったり、

鑑賞したい人にとっては、

『その美しい姿を見たくて、遠くから足を運んできたのに』

という思いがあります。

 

知っていれば許容できることも、知らないと嫌悪感さえ生まれてしまうこともあります。

 

例えば、鉄道愛好家の場合、

「撮り鉄 」「乗り鉄 」「呑み鉄」と

『好みは色々なタイプがあるよね』と認知されています。

鉄道ファンの人数は桁違いです。

 

今話題の「鬼滅の刃」に登場するキャラクター「胡蝶しのぶ」

アサギマダラのキャラクターですので、また違うタイプのファンが増えるかもしれません。

 

 

アサギマダラ の認知度が低いために生まれてしまうギャップ。

 

愛好家の皆さんの活動やアサギマダラ について、多くの人に知ってもらって

『アサギマダラ の楽しみ方は色々なタイプがあるよね』と、

認め合う人が増えてほしいという願いを込めてお伝えしました。


2020.10.19 吉母小マーキング体験授業


アサギマダラの会 長州アサギマダラの会代表福村さんご指導のもと、

吉母小のみなさんがアサギマダラのマーキング体験授業を行いました。

 

朝学習で本物の蝶と同じサイズ(約5cm)の写真にマーキング練習をして、いざ本番!

みなさん怖がることなく、優しい手つきでマーキングしました。

 

「頑張ってね~!」と送り出したアサギマダラ。

南下して九州や沖縄、台湾まで渡る蝶はいるでしょうか?

 


2020.10.6 毘沙ノ鼻初飛来!


9月下旬から、ちらほら飛来情報がありましたが、とうとう毘沙ノ鼻にもアサギマダラがやってきました!

 

撮影:安冨静夫さん

 


2020.5.22 植え付け~お手入れ


雑草の除去作業を行いました。

Before


フジバカマ

After


作業風景



2020.4.4 フジバカマ植栽


海を渡り、旅をする蝶【アサギマダラ】

 

毘沙ノ鼻がある吉母御崎地区には、アサギマダラが大好きな、スナビキソウやフジバカマが自生し、長旅の休憩ポイントになっています。

 

公園内にフジバカマを植栽して、アサギマダラの休憩ポイントにする計画に、自治会の皆さん、吉母小PTAの皆さん、子ども達、力を合わせて作業していただき、立派な花壇が完成しました。


山陽小野田市アサギマダラの会、福村さんにもご協力をいただきました。

 

10年前から毎年御崎地区と蓋井島でアサギマダラの観察、保護活動をされておられます。

 

アサギマダラの幼虫、珍しいサナギも見せていただきました

 




関連記事